安心・安全な食品を食卓に

松月堂では、安心・安全を確保するために、お米30kg一袋ずつに生産番号を表示しております。
決してごまかしのできない「お米」を安心してご購入いただけます。

放射性物質 全量全袋検査

放射性物質 全量全袋検査

福島県では県内で生産される全ての米を対象に、1kgあたり100ベクレルを超える米を絶対に流通させないため、作付前の除染や放射性物質の吸収抑制対策を実施するとともに、収穫した米は全量全袋を検査し、安全性を確認した米袋のみを出荷、安全性の確保に取り組んでいます。

当店ではその検査で安全が証明された米だけを販売しておりますので、安心して毎日お召し上がりいただけます。


スクリーニング検査

福島県産米100%で放射性物質の全量全袋検査を受けた玄米を使用し、等級検査(農産物検査)を受けた商品に貼り付けられています。

詳しくはこちら
ふくしまの恵み安全対策協議会

スクリーニング検査

最終的に基準を超えた物は市場から隔離して流通させません。

スクリーニング検査

農産物検査員

農産物検査

農産物検査は品位等検査と成分検査から構成されます。品位等検査は、色や形等を基準に1等、2等、3等、規格外に区分します。成分検査は、タンパク質、アミロース、でんぷんなどの含有量を分析します。

米の品質は、毎年天候に左右されながら、場所や品種ごとに米の質が変わるなかで、いかに「スピーディかつ正確な判断」を行うかが検査現場で求められています。

そのため、生産者と消費者への責任を果たすうえで、検査の中立性と信頼性を確保するために、日々、検査員は鑑定技術の向上に努めています。

松月堂は、農産物検査法に基づく登録検査機関として、農林水産大臣登録農産物検査員が農産物を厳正に検査しています。

食味分析計

食味分析計 お米の食味値は、アミロース・タンパク質・水分値・脂肪酸度の4成分を測定し評価されます。 食味分析計による検査を行い、品質の安定したお米を供給しています。

穀粒判別器

穀粒判別器お米の形状を一粒ずつ検査をして外観の割れや病虫害が無いかをチェックして、品質の向上に努めています。



最良の品質をお届けするために

定温倉庫

お米の保管は、温度は15℃、湿度は60-70%が最適とされています。この温度や湿度が変化すると品質が低下します。 弊社では、最良の品質を保持するために、一定の範囲の温度と湿度で保管できる定温倉庫で保管しています。

低温倉庫

小野町 定温倉庫

低温倉庫

須賀川営業所 常温倉庫